賃貸の不動産物件を借りる時のトラブル

不動産

賃貸の不動産物件を借りる時のトラブル

マンション、アパート、一戸建てなどの賃貸の不動産物件を借りる時のトラブルとして一番大きいのは、退去時の原状回復費用です。
敷金から引かれるケースが多いのですが、トラブルの一番の要因は原状回復費用の内容が不明確な点です。
原状回復は入居者の故意、過失による設備の破損、汚れなどを元の状態に戻すための費用になりますが、明細も提示されない、事後報告によるケースが多く、敷金以上の費用がかかり、更に請求されるケースもあります。
トラブルにならないためには、賃貸不動産の契約をしたときにしっかりとその契約内容を確認しないといけません。
また、借りる時の現状状態を写真などに撮影して、不動産会社側と確認する作業をするといいでしょう。
そして、原状回復する時に再度確認し、どこが費用が発生するのか確認します。
原状回復のためのガイドラインも国で一応定められています。
過剰な請求をすることはできません。
トラブルを嫌がりそのまま請求された金額を支払うケースがありますが、消費者センターなどに相談窓口がありますので相談してみるといいでしょう。